Skip to content
Fence by the river 2016 Acrylic on canvas 30 x 60 cm
Fence by the river 2016 Acrylic on canvas 30 x 60 cm

The Quadruple Object

..Though the deadening habits of common sense strip this event of its mystery, there is something permanently strange about the manner in which an enduring on the viewer’s angle, distance, and mood. Perhaps children still appreciate this strangeness; in adults, strenuous exercises may be needed to recapture the atmosphere of mystery that ought to surround the merest rotation of a wine bottle or the shifting of light behind a mountain. Husserl also offers us a second tension in which the sensual object differs not from its shifting accidental facades, but from the plurality of qualities that it truly needs to remain what it is from moment to moment. But these are its real qualities, since they cannot be stripped from the sensual object without destroying it, and since they are withdrawn from all sensual access, limited to oblique approaches by the intellect.1

..We will still give these four tensions the suggestive names they deserve: time (SO-SQ) as in Husserl’s adumbrations, space (RO-SQ) as in Heidegger’s tool-analysis, essence (RO-RQ) as in Leibniz’s monads, and eidos (SO-RQ) as in Husserl’s eidetic intuition.2

..Space is the tension between concealed real objects and the sensual qualities associated with them.3

..だが、一つの持続的な感覚的対象が、それを見る人に対して、角度や距離、気分に応じて無数の形で具体化されうるという事態には、つねにどこか奇妙なところがある。子供であればそれがまだ分かるかもしれない。しかし大人が、ワインボトルがただたんに回転することや山の向こうに徐々に落ちていくことに纏わりついているはずの不思議な雰囲気を改めて認識するには、多くの訓練が必要となるだろう。また、フッサールが提示する第二の緊張においては、感覚的対象は、自らの移り変わる偶有的な外観ではなく、時間の変化を通じて自分自身であり続けるために本当に必要な多数の性質と異なっている。だがこの性質は、[感覚的性質ではなく]実在的性質である。というのも、これらの性質は、感覚的対象を破壊することなしには、その対象から剥ぎ取ることができない性質であり、あらゆる感覚的アクセスから退隠し、知性によって間接的にしか接近できない性質だからである。4

..以上四つの緊張には、次のように、それぞれにふさわしい示唆的な名前を与えることができるだろう。すなわち、フッサール的射影の移り変わりが与えるような時間(SO-SQ)、ハイデガーの道具分析が示したような空間(RO-SQ)、ライプニッツのモナド的な本質(RO-RQ)、フッサールの形相的直観によって捉えられるような形相(SO-RQ)の四つである。5

..空間とは、隠された実在的対象とそれに関連する感覚的性質との間の緊張なのである。6

  1. Graham Harman, The Quadruple Object, p.98. (Zero Books, 2011) ↩︎
  2. Ibid., p.99 ↩︎
  3. Ibid., 100 ↩︎
  4. グラハム・ハーマン「四方対象」p.156. (人文書院 2017年) ↩︎
  5. Ibid., p.157 ↩︎
  6. Ibid., p.159 ↩︎