Skip to content
Auric slam 2018 Acrylic on canvas 112x145.5cm
Auric slam 2018 Acrylic on canvas 112×145.5cm

Perfect perception

There is no lack at the perceptual level—there the world is full. One “sees” nothing only if one is expecting something in particular and mentally notes its absence. Except in a totally dark room, one always sees something; there are always photons striking the rods and cones of the eye. “Nothing” exists only at the level of thought.1

知覚の水準では欠如というものは存在しない。そこは満ちた世界なのである。人は特別に何かを期待しているときのみ、無を「見る」のであり、精神的にその不在に気づくのである。真っ暗な部屋の場合以外は、常に何か見えている。網膜視細胞の杆状体(かんじょうたい)と錐状体(すいじょうたい)には衝突する光子が常に存在している。「無」は思考の水準でのみ存在するのである。2

  1. A CLINICAL INTRODUCTION TO LACANIAN PSYCHOANALYSIS Theory and Technique, BRUCE FINK, p. 168 [1997]. Harvard University Press ↩︎
  2. ブルース・フィンク「ラカン派精神分析入門:理論と技法」第二部 診断と分析家の位置, p.244. 中西之信 ,椿田貴史, 舟木徹男, 信友建志訳(誠信書房 2008年) ↩︎