Skip to content
Mosman park 2 2017 Acrylic on canvas 21.1x78.2cm
Mosman park 2 2017 Acrylic on canvas 21.1×78.2cm

Apollonian effect

The painter gives something to the person who must stand in front of his painting which, in part,
at least, of the painting, might be summed up thus – You want to see? Well, take a look at this! He gives something for the eye to feed on, but he invites the person to whom this picture is presented to lay down his gaze there as one lays down one’s weapons. This is the pacifying, Apollonian effect of painting. Something is given not so much to the gaze as to the eye, something that involves the abandonment, the laying down, of the gaze.1

画家は絵画の少なくともかなりの部分において、絵の前に立つべき人に「視たいのですね、よろしいそれならこれを見なさい」と要約できるようななにものかを与えているのです。たしかに画家は目の糧としてなにものかをもたらしますが、画家は絵の前にいる人にその眼差しを放棄するように、武器を棄てるような意味で放棄するように、促すのです。これが絵画の鎮静的、アポロン的な効果です。なにものかが、眼差しに対してよりもむしろ目に対して与えられているのです。そのなにものかは眼差しの放棄、委譲を伴うものです。2

  1. Jacques Lacan, The four fundamental concepts of psychoanalysis: The seminar of Jacques Lacan Book XI, p.101 [1973]. Edited by Jacques-Alain Miller, Translated by Alan Sheridan (Norton, 1976) ↩︎
  2. ジャック・ラカン「精神分析の四基本概念」p.133. ジャック=アラン・ミレール 編 , 小出 浩之 訳 , 新宮 一成 訳 , 鈴木 國文 訳 , 小川 豊昭 訳(岩波書店 2000年) ↩︎