Skip to content
Ancient power plant 2016 Acrylic on canvas 30.5x30.5cm
Ancient power plant 2016 Acrylic on canvas 30.5×30.5cm

Anything goes

Art history conceived as the history of styles and movements doesn’t account for a radical break of this kind. The break occurred, and it’s invisible, it’s not been recorded by art history books.1

..Non-art is not Duchamp’s invention, nor is it the Dadaists’. It is a byproduct of the French Beaux-Arts system, which slowly emerged to the surface of consciousness like a photographic print in a bath of developer until, with Fountain, Duchamp registered the breakdown of the Beaux-Arts.

..Non-Art was already in existence; it preceded Duchamp. The startling discovery—and I’m the first one to have been startled by the results of my research—is that we’ve lived in the Art-in-General system, not since the 1960s, not since 1917, but since the 1880s.

..it might be very interesting to look at Duchamp’s career after the ’30s as himself acknowledging receipt of his own message.

様式と運動の歴史として考えだされた美術史は、この根本的な断絶を説明できない。断絶は起きた。そして見えない。美術史の教科書にはそれは記録されなかった。

反芸術はデュシャンの発明でもなければダダイストの発明でもない。それはフランスのボザール様式の副産物で、「泉」によってデュシャンがボザールの凋落を確定するまで、現像液に浸かった印画紙のように意識の表面に上って来なかった。

反芸術はすでに存在していた。それはデュシャンに先行した。私の研究結果で私が最初に驚かされたのだが、その発見とは、我々が「芸術一般システム」の中に生きているのは、1960年代以来でも、1917年以降でもなく、1880年代からだということだ。

デュシャンが過去に送った自分のメッセージを、彼自身が1930年代に受け取って、それからの彼の仕事を追うことは極めて興味深いことになるかも知れない。

  1. WHAT DO YOU DO WHEN ANYTHING GOES? Duchamp’s Telegram By Thierry de DuveBarry Schwabsky Artforum JANUARY 2024 ↩︎